ペーパーレス会議

ペーパーレス化による変化

私の職場では数年前まで会議や打ち合わせでは多くの印刷した紙を使用していました。最近ではペーパーレス化が進み、打ち合わせでは紙は使用せずプロジェクターを使用しています。ペーパーレス化が進むと印刷や用紙にかかるコスト削減になるのはもちろんですが、現場ではどのような変化があったのか書いていこうと思います。
まず一番大きな変化は会議や打ち合わせの準備する手間がなくなったことです。打ち合わせで紙を使用していた時は紙の印刷に膨大な時間を要していました。関連資料が多い打ち合わせの時は大変です。打ち合わせ用の資料を全て印刷するのに1時間かかることもありました。印刷した資料を打ち合わせでは使用しないこともあったので、とても無駄に感じることがよくありました。プロジェクターを使用するようになってからは打ち合わせの準備にかかる時間は大幅に削減されました。
それ以外にもペーパーレス化のメリットはあります。印刷した資料は外部に出してはならない重要な資料の場合もあるので、印刷物の紛失による情報漏洩のリスクが常にありました。ペーパーレス化が進むと重要資料を持ち歩く必要がなくなるので情報漏洩の心配もありません。このようにペーパーレス化はコスト削減や現場の手間の削減など多くのメリットがあるので、これからもっと世の中に浸透していくでしょう。